aga 前頭部

前頭部からのaga原因と対処方法

近年CMコマーシャルでも取り上げられるほどのaga「男性型脱毛症」ですが、主に母方の遺伝子内にあるX染色体が原因で発症します。発症年齢は様々で、早い人で18歳頃から発症するといわれています。平均的に30歳代半ばから進行してきます。脱毛症の中でも大きく2種類に分類されますが、ここでは前頭部に起きる脱毛症の説明を行います。脱毛症は男性ホルモンが5aリダクターゼによって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変わり頭皮細胞である毛母細胞に影響を与えることから成長期にある髪が成長できない為、成長する前の細い髪の状態で抜け落ちてしまうため、脱毛症となります。

 

頭を触っただけで抜け毛があったり、シャンプーした時に通常より多く髪が抜けてしまったときには脱毛症は進行しています。また不規則な生活や食生活、ストレスの多い環境での生活なども脱毛症を引き起こす原因といわれています。また喫煙も原因の一つであり、喫煙することで頭皮や体内の血管の血流を妨げることで、頭皮に必要な酸素や栄養が行きわたらない事があります。

 

前頭部の脱毛症は気がつかないうちに、徐々に進行していきますので気がついたときには、かなり額が薄かったなんてことも実際にはあるようです。ストレスは自律神経を乱しますので血行不良などを引き起こします。食事では脂っこい食事が多いと体にもよくありませんので、健康的な食生活を心がけることが大切です。
 agaになったと思ったときには、専門的な治療も必要になってきます。市販で販売されているシャンプーや育毛剤だけでは改善には至りません。専門的な知識のある病院などに通い、内服薬を治療と平行して服用するといったこともしなければなりません。