aga 全体的

agaは全体的に薄くなるのか

agaという言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。これは男性型脱毛症のことを指します。成人男性に見られる薄毛のことですが、一般的には男性ホルモンや遺伝などが関係しているといわれています。またこれは症状が進行していくという特徴もあり、放置しておくと全体的に薄毛が認められるようになってきます。ある調査によれば、男性型脱毛症の人は国内で約1200万人いると推定されています。

 

これは,国内の成人男性の約3分の1ともいわれていて決して珍しい症状ではないことが分かります。またagaにおいて脱毛のパターンはいくつかあります。
額の生え際から後退していくタイプや頭頂部から薄毛が広がっていくタイプがあります。またこの二つが混合するタイプもあります。いずれにしても薄毛が全体的に広がって行ってしまうのです。

 

また薄毛が広がっていくのは、毛包が十分に成長しないため髪の毛が太く長くならなずに抜けていってしまうのです。しかしながら薄毛になっていても産毛が残っている男性型脱毛症の特徴であります。産毛が生えているということは毛包は存在しているので、治療することで再び髪の毛が太く長く育つ可能性は残されているのです。そのため男性型脱毛症では決してあきらめないことがとても大切なのです。男性型脱毛症の治療は専門のクリニックか一般の病院で受けることが可能です。治療は主に薬の服用を続けることになります。また治療は保険の適用ではないため自己負担となってしまいます。更に専門クリニックの方がカウンセリングなどきめ細かな治療をしてくれる分高価である傾向があります。最近では飲み薬にジェネリック医薬品が販売されたものもあるので、それを用いれば治療費を少し安くすることは可能です。