aga 全スカ

全スカの方に対するaga治療

aga(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。
思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
抜け毛が進行し、うす毛が目立つようになります。
そして全スカとは体毛、主に頭髪が薄く、全体的にスカスカになった状態のことを指します。

 

aga(エージーエー)の特徴は、抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。
また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。
毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。
ただし、aga(エージーエー)では普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。
毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。
決してあきらめる必要はありません。

 

患者数は全国で1,260万人*、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。
何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。
そのため、早めのケアが大切だと言われています。

 

薄毛が目立ってきたなと思ったら、まず病院へ行ってみることをおすすめします。
診療科目で言うなら皮膚科になります。
しかし、自由診療となり保険適応外なのでいくつか病院を調べてから行く方が良いかもしれません。

 

治療方法は、大きく分けて内服・外用薬治療と注射などで直接体に薬を注入する方法の2パターンあります。
注射の場合は成長因子を直接投与する方法になります。
どちらの治療が良いというよりは、ご自身との相性で結果が大きく変わってきます。
どちらの治療法が自分に合っているのかも含めて一度病院に相談に行くところから始めてみてはいかがでしょうか。