aga セルフチェック

セルフチェックで防ぐagaの進行

agaとは、androgenetic alopeciaの略で「男性型脱毛症」のことです。
成人男性によく発症する髪が薄くなる症状で、一般的には遺伝や男性ホルモンの影響が原因だと考えられています。他にもストレスや食生活などの生活習慣も関わっているとされ、現代の男性のほとんどが悩んでいる問題でもあります。
agaが進行すると、脱毛部にDHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛作用のある男性ホルモンが多く発生します。その結果、毛髪の成長期が短くなり、髪の毛が太く長く成長する前に抜けてしまいます。こうなると頭皮のサイクルはどんどん乱れてしまい、薄毛や脱毛の原因となってしまいます。薄毛の状態でも産毛は残ることが多く、そこから治療をすることで再び太く長い髪に育つ可能性があります。
治療は内服薬を用いるものと、外用薬を用いるものがあります。また一部では再生医療による治療も行っているようです。近年では専門の外来も増えており、受診の敷居は下がりつつあるようです。インターネットでは近くの専門外来を簡単に探すことができます。

 

日常生活の中でもセルフチェックをし、生活習慣を見直すことで予防することができます。
頭皮をきれいに保つことは、頭皮に余分な皮脂を溜め込まないため非常に有効です。正しい洗髪をし、清潔に保つことで症状を抑制することができます。
また食事も重要な要素の一つです。蛋白質やミネラル、ビタミンの不足はagaの主な原因と言われています。栄養の偏りを無くすことで、健康な髪に近づくことができます。
ストレスを適度に発散する環境を作り、溜め込まないようにすることも大切です。ストレスに伴う負荷は体に大きな影響をもたらします。充分な睡眠をとり、心身ともに健康を保つことは頭皮の健康にも繋がるのです。