aga 成長因子

agaは成長因子を注入すれば治ります

薄毛に悩むすべての女性へ再生医療技術が優れた発毛効果を発揮します。プレミアムグロースファクター再生療法は、薄毛の大きな要因となっている成長因子の不足に着目した先進的な再生医療技術による毛髪再生治療です。成長因子を頭皮に補い、毛髪が成長するためのシグナルを正常に機能させることで、男女問わず、様々な原因の薄毛に対して優れた発毛効果を発揮します。成長因子とは動物の体内において、特定の細胞の増殖や分化を促進するタンパク質の総称です。現在では細胞と細胞の間の信号物質として働くことが分かっています。びまん性脱毛症では、分け目が広がり、トップのボリュームが減少、地肌が透けるような症状が表れます。男性はM字禿げや頭頂部が丸く禿げる、部分的な薄毛の形が多いですが、女性は全体的な広い範囲に薄毛の症状が出ることが多いです。

 

調査では、20代以上の女性の約40%が生涯に一度は、びまん性脱毛症を発症するとも言われています。また、妊娠中は女性ホルモンが増加し、毛髪の成長期が維持されます。その影響で本来抜けてしまうはずの髪が成長し、妊娠中に髪の毛が増える方もいらっしゃいます。出産後は、その反動で一気に毛髪が休止期に入ってしまうために、薄毛の症状が出てきます。これが分娩後脱毛症です。若い女性でも産後は薄毛に悩む方が多いのです。FAGA(女性男性型脱毛症)とは『Female Androgenetic Alopecia』の略称です。男性のagaとは異なり、体内の女性ホルモン分泌量が減少し、ホルモンバランスが崩れることが原因といわれています。一般的にFAGAの特徴として、発症年齢の多くは40代といわれていますが、近年では女性の社会進出が増えたことによるストレス、過度なダイエット、ライフスタイルの変化などが影響して、年齢問わずFAGAになる方がいらっしゃるのも事実です。