AGA 福岡

福岡でAGAのクリニックを失敗しない選び方

AGA治療医療機関で行います。失敗しない選び方としては、治療効果のある治療を行っているクリニックを選ぶ事です。福岡県内でAGA治療を行いたい場合はまずは、インターネットなどでAGA治療を行っているクリニックを検索します。福岡内で評判のいいクリニックを中心に探すといいです。口コミ情報などを参考にする事でより治療効果の高いクリニックを絞り込む事が出来ます。また失敗しない選び方としては費用面に納得をする事です。タイミングが合えば、キャンペーンなどで通常よりもお得な費用で治療を進めていく事が出来ます。このような情報はクリニックのホームページなどで確認する事が出来ます。また治療費用をオープンに掲載しているクリニックもありますし、掲載されていないクリニックもあります。まずは電話などで合わせをして一度受診して説明を聞いてみるのもいいです。時間とお金がかかる治療ですから、しっかりと失敗しない選び方を心がけます。福岡で多くの人が利用しているクリニックなどですと、口コミ情報も多く安心して受診出来ます。薄毛や脱毛の状態は人によって違いますので、必ずしも治療効果が自分に当てはまるとは限りません。自分自信でクリニックを受診し選んでいく事で満足のいく治療が受けられます。治療方法はいくつかの方法がありますので、諦めずに治療を受けて改善していくといいです。ストレスは大敵になりますので、日頃からストレス解消法を探しておくといいです。 

AGAの原因について

 AGA(男性型脱毛症)は、思春期以降に生じるようになり、もっとも典型的な症状は、前頭部の髪の生え際の後退、あるいは頭頂部の髪のボリューム低下によって、地肌が見えやすくなります。AGAの原因は、一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが、主な原因と考えられています。ドイツのボン大学の研究チームの研究によると、自分の母親の父が剥げているとすれば、自分も将来、AGAを発症する可能性があるかもしれないという結果が報告されています。AGAに原因は遺伝だけではありませんが、少なからず影響しています。
 AGAのおもな原因物質は、ジヒドロテストステロン(DHT)となります。脱毛部分の頭皮には、多量のDHTが確認されています。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合することによって、ヘアサイクルが乱れて、成長期が終了します。その結果、毛髪が太く長い毛に成長する前に抜けてしまい、全体として薄毛が目立つようになるというわけです。

agaと睡眠の関係。

数年前よりagaの治療薬プロペシアが処方されるようになってから、多くのメディアでは「医師に相談してください」などと宣伝されるようになってきました。

 

全国的にもagaの治療を行う医療機関も増えてきたり、専門的に治療を行う医療機関や、薬剤だけを処方する医療機関など様々ですが、非医療機関ではサプリメントや頭皮マッサージ的な発毛サロンを行ったりして注目をあびています。

 

脱毛症は実際には遺伝的な要素が大きくあり、母方のX染色体が男性ホルモンを刺激することで脱毛が発症するといわれています。脱毛には大きく分けて2種類あり、「M字型」と「O字型」があります。しかし内服薬や塗り薬があるからといって、安心してはいけません、遺伝的な脱毛がほとんどですが、環境も関係あるのです。脱毛の環境とはストレスのある環境や、不規則な環境、不規則な食生活や食内容によっては、脱毛を進行してしまうことも多くあります。

 

人間の体は1日中動くことは出来ず、必ず休む時間も必要なのです。頭皮も同じことがいわれ、不眠は人体に様々な影響を与えます。特に脳は眠ることでしか休息が取れないので、睡眠は人間が生きるうえで欠かせない要素となります。その睡眠の中で髪が伸びる時間があります。体調の面に加えて、眠ることは発毛と密接な関係があり、一般的に人間の髪の毛は午後10時から午前2時頃に最もよく伸びるといわれています。睡眠中に分泌される成長ホルモンが関係しているのですが、この成長ホルモンは寝ているときしか出ませんので寝ることは頭皮や毛包にとっても大切で、育毛ケアにとって成長ホルモンは必要不可欠なのです。aga治療は薬物などだけではなく、規則正しい生活を行うこと
も、治療だといえます。

agaの治療で頭痛がする場合の対処

agaとは男性型脱毛症のことで、最も有名な治療薬がミノキシジルですが副作用で頭痛に悩まされることがあります。ミノキシジルは血管拡張剤として開発された薬品なので血圧が下がる効果があり、そのために頭痛が起きます。血流がアップすることで毛髪にいきわたる栄養素や酸素が増えて抜け毛の症状が抑えられます。ミノキシジルは外用薬と内用薬がありますが、日本では内用薬が認可されていません。外用薬は代表的なものがリアップですが、ミノキシジルの含有量は5%です。内用薬は個人輸入代行で入手するものには15%程度の濃度のものがあります。濃度が高ければ血流もアップし効果も高まるのですが副作用も強くなるのです。日本で認可されない理由は人によって副作用が強く出るからです。

 

副作用としては、低血圧・動悸・ニキビ・肌荒れ・性欲減退などがあるそうですが、ミノキシジルの濃度が濃いほど副作用も強く出る可能性が高いわけです。外用薬であっても濃度が高ければ同様の症状が現れます。従って服用に当たっては細心の注意が必要で、体の様子を見ながら服用する必要がありますし、できれば医師の診断の元に治療を行うことが安全な方法です。何日か続けて服用した後に副作用が現れた場合、いったん服用を中止して1日1回の服用を2日に1回の服用にしてみるとか、錠剤をピルカッター(錠剤カッター)のようなもので半分に割って服用するとかの工夫をしてみましょう。それでも副作用が出る場合は服用を中止すべきです。服用する前に自分の血圧を計っておいて、服用後は血圧がどのように変化するかを調べていくことで症状への対処ができるでしょう。WHOでは最高血圧が100mg以下では低血圧としているそうなのでこの辺りの数値を参考にするといいです。その他、体のだるさ、日中の眠気や皮膚の痒みなども副作用の症状として現れますから注意して服用しましょう。

更新履歴